クールドライバードットコム
危険回避運転のバイブル・交通戦争勝ち組メソッドが登場!

ご利用できるカードはこちらです。


車種や状況に関係なく、初心者でも簡単に飲み込めるパーキングの
コツがあればいいのになと考えたことありませんか?

   「駐車方法?そんなもん、自分の車でひたすら練習するだけだ!バカヤロー!」

   「
ひたすら毎日やってればそのうちできるもんだよ!」

   「みんな
苦労して習得するテクニックなんだよ!」

   「多少あっちこっちぶつけお金がかかってもても、
勉強代と思ってあきらめろ!

   「口であーだこうだと
教えられるテクニックじゃねーよ!


   私が、初心者で駐車時にあちこち擦って、ベテランドライバーに悩みを打ち明けた時にに返ってきた

   返事です。


   こんにちは、Cool Driver .comのノブ・ミヨシです。

   
貴方のパーキングテクニックはばっちりですか?

   車をただ停めるだけなら何にも悩むことは、ありません。

   徐々にブレーキを踏めば、どんな車も停まります。

   パーキングテクニックとは、
決められた場所に貴方の運転技術を駆使して、どこにも接触させず

   に決められたスペースで停めなければならない
から難しいのです。


   私自身、運動神経や、ドライビングセンスが人より優れていたわけでもないので、初心者の間は、

   自分の車や人の車に小傷をつけながら、地道にパーキングテクニックを学んできました。


   私も、自分が普段乗っている車で、慣れるしかないと考えていました。

   そうです!車には軽自動車もあれば、普通車、トラック、ワンボックス車、駆動方式も2WD、4WD、

   と様々で、
ホイールベースや、最小回転半径などまちまちです。

   貴方の運転席から見える視界も車種によって異なります。

   一概に、こうすれば、ばっちりというマニュアルは存在しませんでしたし、

   
一般論的なコツなんて存在しないと思っていました。


   ベテランドライバーに横に乗ってもらって指示を仰いでも、

  「そこで右にハンドルを切れ!」

  「そのまま!」

  「コラ!ハンドルもどすな!」

  「よし!もどせ!コラ!遅い!左だ!左、左、左!」

  「バカヤロー!戻しすぎだ!」

  「もういい!俺に代われ!」


   てな感じじゃないですか?


   私自身、嫁に車庫入れを教えていた時、同じ事を言っていました。

   当時、やっとしゃべれるようになった私の子どもは、この私の教習内容を覚えてしまい、

   子供と嫁が二人で車に乗ったときも

   私の子供が嫁に
「おかーしゃん、右、右、右、あ!今度は左、左、・・・」

   と叫ぶようになったそうです。


   
しかし、これで本当にパーキングテクニックが上達するのでしょうか?

   個人差は、あるでしょうが、確かにいつかは、上達するでしょう。

   でも、いつも、ベテランドライバーと一緒に運転するわけにもゆきません。

   いつかは、ひとり立ちしなければなりません。


   
その間に自分の車や他人の車に傷をつけて、思わぬ出費がかさんでいかざるを得ないのでしょうか?


   せっかくいい場所が空いているのに、何となく自信がなくて、遠く離れた、空いている場所に

   停めなければならないのでしょうか?


   確かにどんなテクニックも
努力なしに、上達は、しません。


   
でも、コツというものは必ず存在します。

   その
コツを知識として、あらかじめ知っていることと、経験を経て徐々に知っていくことには、

   
大きな差が生じます。


   今回の「第7章 駐車方法の極意」には、様々な
パーキングテクニックにおけるコツをまとめました。


   
・駐車場でパニックに陥ることなく、スムーズに入庫し、スムーズに出庫できる!

   ・バックでも、自由自在に車を操り、切り返しも少なく入庫できる!



   自分の車で最小回転半径や車幅感覚をつかむことは、もちろん必要ですが、それ以前に基本的に

   どこで、
どう操作すれば、どのように車が動くのかを知っておくことは、これからの貴方のテクニック向上

   に必ずプラスになります。!


 ハンドルさばきがへたと思い込んでいる方

 バックしているとどっちにハンドルを切ってよいのか、パニックになってしまう方。

 空いていて大きな駐車場にしか停められない方

 駐車時の小傷が絶えない方

 駐車時に後続車にいつもクラクションを鳴らされてしまう方

 駐車時に助手席の彼女にタメイキをつかれたことのある方

   その他、駐車テクニックにコンプレックスを感じている方は、是非最後まで読み進めてください。

   私もそうでしたが、
パーキングテクニックに対して、変な思い込みをもたれていませんか?


   一つは、
ハンドルさばきに対するコンプレックスです。

   もうひとつは、
バックでの車の操作に対するコンプレックスです。


   
パーキングテクニックは、曲芸ではありません。


   大事なことは、

   
スムーズに入庫して、貴方や同乗者が容易に乗り降りできて、

   更にスムーズに出庫できることです。


   
気持ちを楽にしましょう!

   今回の私のノウハウで皆さんにお知らせしたい
コツはたった4つです。

   
難しいテクニックを根性でやりこなせとは一切言いません。

   
パーキングテクニックと言えども楽に越したことはないのです。

   
楽なパーキングテクニックをさりげなくCoolに決めましょう!


 第7章 駐車方法の極意
  
ださくないパーキングテクニック!
A4版
カラー
30ページ
PDFファイル

\3,150(税込み)

目次

@ 入りやすく出やすいが一番!

A ハンドルさばきを楽にするテクニック

B ライン取りが駐車を楽にする

C 人に優しい駐車方法

ご利用できるカードはこちらです。

                                                                      ▲ページトップへ戻る
トップページ | 自己紹介 | ノウハウメニュー | お問合せ | リンク | 特定商取引法の表示 | 個人情報保護方針
(C) 2014 Nobu-Miyoshi All Right Reserved